NEWS

2017-07-21 19:11:00
IMG_3442

まず、九州北部の記録的な集中豪雨により、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
joinに毎年器を届けてくださる小鹿田焼の里では、家屋の破損や人的被害は
無かったようなのですが、土を作るのに欠かせない「唐臼」が流されたり破損したりの被害が出ています。
また、昨年の地震の時に崩れてしまった採土所も土砂崩れにあっているそうです。
お世話になっている小鹿田の皆さんに何か支援はできないだろうかと思っていたところ
「小鹿田焼復興事業支援」の事を知り、joinでも募金を開始しました。
小鹿田焼の里は雨の多いエリアで、大雨が降るたびに被害があったりします。
ですが、だからといって唐臼を機械化したり、陶土をよそから仕入れたりはせず、
今まで伝承されてきた小鹿焼の伝統を後世に残していく責務があると考えていらっしゃいます。

joinの募金は小鹿田焼協同組合に渡り、唐臼の修理や、唐臼を稼働するための水路の修復など、小鹿田焼を将来に継承していくための維持管理などに使われます。
 
何度か足を運びましたが、唐臼の「ぎーごとん」という音が1年中聞こえてくる本当に穏やかでのんびりした素敵な場所です。
1日も早く復興が進むことを心よりお祈りしています。



九州北部では小鹿田焼の里以外でも大きな被害がでています。
また色々な義援金の話も聞きます。
joinでは小鹿田焼を支援する形をとっています。

皆様のお気持ちに合った支援を、どうぞお願い致します。



長文でしたが、お読みいただきありがとうございます。
宜しくお願い致します。





 

 

2017-07-18 18:03:00

Matkaはフィンランド語で旅という意味。 
ネコのkuuとトリのpuu。 
1匹と1羽の架空の旅をテーマにした新しい雑貨ブランドです。 


第一弾のアイテムはフランダース地方のリネンとコットンを使用した4重ガーゼのハンカチです。 


独自の製法により、洗いこんだリネンの柔らかな風合いを新品のうちから味わうことができます。 

デザインはソーイングアーティストNutelの渡邊笑理さん。
フリーハンドスケッチでミシンを踏み、スケッチするような感覚で縫い描いています。


初めて手にした時からしっくりと馴染む気持ちの良さをぜひ。 
 

2017-07-15 18:59:00

ミシン刺繍作家、菅原しおんさんデザインのリネンのコースター&お弁当包みが入荷しました。 

どの子も表情が個性的でふふっと笑ってしまう感じです。 

不規則にあらわれる糸だまりも、良い味わいになっています。 


 

2017-07-14 18:30:00

梅雨だと言うのに夏本番のような陽気が続いていますね。 

七夕あたりから晴雨兼用傘をお求めになるお客様が増えています。 
こちら追加納品がありましたのでぜひです。 



さて、夏本番前にてぬぐいとリネンのハンカチはいかがでしょう!? 

去年とても好評いただいたてぬぐいと、新作のリネンのハンカチが入荷しています。 


3連休、ぜひ足をお運びください。 

 

2017-07-10 17:02:00

イラストレーター森本ふみさんが描く動物のグラスが入荷しています。 

ホッキョクグマは正面向きで、歯が見えちゃってるところがなんともキュート。 

ペンギンのぺたぺた歩いてる姿もカワイイし、パンダのノソっとした姿もカワイイ。 


大きすぎず、小さすぎず、ちょっと細身なのでお子さんでも使いやすかったりするかな?なんて思っています。 

夏は涼しげなガラスのグラスがいいですよね。 
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
携帯サイト